「左右相称動物」の版間の差分

編集の要約なし
'''左右相称動物'''(さゆうそうしょうどうぶつ、Bilateria)は、[[海綿動物]]と[[刺胞動物]]を除く大部分の[[後生動物]]からなる[[動物]]の分類群である。
 
大部分の種類は、体が3つの[[胚葉]](内胚葉・中胚葉・外胚葉)からなる(三胚葉性)。ほとんどのものが左右相称またはほぼ相称である。例外は[[棘皮動物]]で、成体は放射相称であるが、[[幼生]]は左右相称である。一部の原始的形態のもの、[[寄生]]性などの特殊なものを除き、左右相称動物には完全な[[消化管]]と[[口]]および[[肛門]]がある。多くの左右相称動物は体内の空隙、すわちった完全な[[体腔消化管]]がある。
 
多くの左右相称動物には体内の空隙、すなわち[[体腔]]がある。かつては無体腔動物は別の系統と考えられたが、現在では無体腔動物の主要な門([[扁形動物]]と[[腹毛動物]])では、体腔が二次的になくなったと考えられている。体腔が初期から存在した証拠としては、知られている最古の左右相称動物であるVernanimalculaが空隙のような構造を持っていたらしいことがあげられている。
 
左右相称動物は、少なくとも2つの超門(superphylum)、[[新口動物]]と[[旧口動物]]に分けられる。これらの間には、胚発生のしかたなど、多くの違いがあり、特に、最初の開口部(原口)が旧口動物では口に、新口動物では肛門になる。
28,698

回編集