狩り』(かり、ドイツ語: Auf der Jagd作品373は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したポルカ・シュネルドイツ語版

『狩り』
ドイツ語: Auf der Jagd
Jagd.jpg
ピアノ初版譜の表紙絵。森の中で狩りをする人々、猟犬、獲物の鹿が描かれている[1]
ジャンル ポルカ・シュネルドイツ語版
作曲者 ヨハン・シュトラウス2世
作品番号 op.373
初演 1875年8月5日

楽曲解説編集

シュトラウス2世は自作のオペレッタに登場した音楽を、ワルツポルカなどに編曲して舞踏会に供することが多かった。このポルカは、1875年に作曲されたオペレッタ『ウィーンのカリオストロ』の中の「おお、私の駿馬よ」から引き出して作曲されたものである。

オペレッタ自体は「狩り」とはまったく関係がない物語であるが、劇中に登場したモティーフを使用しつつ新たに狩りの音楽が構築された[1]ホルントランペットによる狩りの合図が鳴り、それに続く演奏ではの音や鉄砲の音が表現される。

1875年8月5日、ウィーンの舞踏場『新世界ドイツ語版』で開催された庭園プロムナード・コンサートにおいて、弟のエドゥアルト・シュトラウス1世の指揮により初演された[1]

ニューイヤーコンサート編集

出典編集

  1. ^ a b c 若宮由美ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート 2016 エドゥアルト・シュトラウス没後 100年を祝して 曲目解説」より<狩り>

外部リンク編集

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
  Auf der Jagd - Wienerklassik Orchesterによる演奏。公式YouTube。
  Auf der Jagd - アンバサダー・オーケストラ・ウィーンドイツ語版による演奏。公式YouTube。
  Auf der Jagd - ブカレスト交響楽団ルーマニア語版による演奏。公式YouTube。
  Auf der Jagd - 「ORQUESTAFILARMONIA」公式YouTube。