猫の二重唱』(ねこのにじゅうしょう、イタリア語: Duetto buffo di due gatti)は、ソプラノ二重唱とピアノ伴奏による曲で、しばしばアンコール曲として上演される。歌詞がの鳴き声(miau)をくり返すだけであるためにこの名がある。他の声域(ソプラノとテノール、ソプラノとバスなど)で上演されることもある。

作者と構成編集

『猫の二重唱』はジョアキーノ・ロッシーニの作品とされることが多いが、実際にはロッシーニのオペラ『オテロ』中の曲などを別人が組み合わせて編曲した作品である。ヒューバート・ハントによると、編曲者はイギリスロバート・ルーカス・ディ・ピアソル英語版であり、1825年に「G. Berthold」の偽名を使って出版した[1][2]

曲は3つの部分からなる。

  • 前半のカヴァティーナ(Adagio、ニ短調 44拍子)はデンマークの作曲家クリストフ・エルンスト・フリードリヒ・ヴァイゼ英語版による『猫のカヴァティーナ』による[3][4][5]
  • 中間部(Andantino、ニ短調 68拍子)
  • 後半のカバレッタ(Allegretto、ヘ長調 44拍子)はロッシーニ『オテロ』第2幕よりロドリーゴのアリア「Ah! come mai non senti」による

ロッシーニ『オテロ』第2幕からはオテロとイアーゴの二重唱の一部も使われているという[4]

脚注編集

  1. ^ Hubert Hunt, Robert Lucas Pearsall: the Compleat Gentleman and His Music, 1795–1856. Chesham Bois (1977); Chris Woodstra. All Music Guide to Classical Music, 2005, p. 1126.
  2. ^ James Manheim, Gioachino Rossini: Duetto buffo di due gatti (Cat Duet), for 2 voices & piano (spurious), QR iv/1, AllMusic, https://www.allmusic.com/composition/duetto-buffo-di-due-gatti-cat-duet-for-2-voices-amp-piano-spurious-qr-iv-1-mc0002376371 
  3. ^ Richard Osborne: Rossini. London: Dent (1986), p. 179.
  4. ^ a b Osborne, Richard (2007). Rossini, His Life and Works. Oxford University Press. p. 239. ISBN 9780195181296 
  5. ^ Katte-Cavatine (Weyse, Christoph Ernst Friedrich)の楽譜 - 国際楽譜ライブラリープロジェクト

外部リンク編集