献侯(けんこう、生年不詳 - 紀元前812年)は、中国西周時代のの君主。姓は姫、名は藉[1]北趙晋侯墓地8号墓出土銘文の「晋侯穌」に相当する人物と推測されている[2]

献侯 姫蘇
王朝
在位期間 紀元前823年 - 紀元前812年
都城
姓・諱 姫蘇
諡号 献侯
没年 紀元前812年
釐侯

生涯編集

晋の釐侯の子として生まれた。紀元前823年、釐侯が死去すると、後を嗣いで献侯が晋侯として即位した。紀元前812年、献侯は死去し、子の穆侯が晋侯として即位した[3]

脚注編集

  1. ^ 史記』晋世家による。『史記索隠』晋世家所引の『世本』は、名を蘇とする。
  2. ^ 徐天進「晋侯墓地的発現与研究現状」
  3. ^ 『史記』晋世家
先代:
釐侯
君主
前823年 - 前812年
次代:
穆侯