この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字()が含まれています(詳細)。

王淐(おうしょう)は、高麗王(在位:1269年)。初名は侃。高宗の子で元宗の弟。父から安慶公に封じられた。

1269年(元宗10年)6月に武臣林衍(生年不明 - 1270年)・林惟茂父子らは元宗を廃し、安慶公王淐を王とした。林衍は教定別監として権力の座についた。しかし、元からの軍事圧力により、王淐は廃され、元宗が再び王権を握った。

子女編集

  • 漢陽侯 王儇
  • 桂陽侯 王侊
先代:
元宗
高麗王
1269年
次代:
元宗