王 通(おう とう、503年 - 574年)は、南朝梁からにかけての政治家は公達。本貫琅邪郡臨沂県

経歴編集

王琳(王份の子)と義興長公主(蕭衍の妹)のあいだの子として生まれた。はじめ国子生となり、明経に挙げられて、秘書郎・太子舎人となった。帝甥として武陽亭侯に封じられた。王府主簿・限外記室参軍・司徒主簿・太子中庶子・驃騎廬陵王府給事中郎・中権何敬容府長史・給事黄門侍郎を歴任したが、事件に連座して免官された。

侯景の乱が起こると、王通は江陵に逃れ、元帝のもとで散騎常侍となり、太常卿を代行した。侯景の乱のために建康の宮殿は焼尽したため、王通は起部尚書を兼ねて、建康の宮殿の再建にあたった。

554年承聖3年)、江陵が陥落すると、王通は敬帝のもとで吏部尚書となった。555年紹泰元年)、侍中の位を加えられた。まもなく吏部を領したまま尚書右僕射となった。557年永定元年)、陳が建国されると、尚書左僕射に上った。560年天嘉元年)、文帝が即位すると、太子少傅を兼ねた。566年天康元年)、翊右将軍・右光禄大夫の位を受け、佐史を置いた。廃帝が即位すると、安右将軍の位を受け、南徐州大中正を兼ねた。569年太建元年)、左光禄大夫の位を受けた。574年(太建6年)、特進の位を加えられたが、受けないうちに死去した。享年は72。は成といった。

伝記資料編集