メインメニューを開く

琵琶湖遭難事故(びわこそうなんじこ)は、1941年昭和16年)4月6日に発生した遭難(海難)事故。

事故の概要編集

春休みを利用して滋賀県大津市に合宿していた金沢第四高等学校(現・金沢大学)の漕艇部員8名は、京都大学の学生ら3名を加えた合計11名で、高島郡今津町(現・高島市)の琵琶湖畔からボートに乗って午前7時頃出発した。しかし、午後6時になっても戻らなかったため、翌4月7日朝より大がかりな捜索が行われた。午前10時頃に定置網にかかったオールが、更に午後2時頃には漕艇部員の持ち物と思われる下駄が発見されるなど、11名の生存は絶望視された[1]。その後も捜索は行われたが、11名全員の遺体が発見されるまで更に2ヶ月を要した[2][3]

事故の原因は、春に起こる琵琶湖地方特有の突風比良八荒であると言われている。

事故後編集

この事故は関西方面では大きく報道されたものの、それ以外ではあまり取り上げられなかった。しかし、犠牲となった四高の生徒らを悼む「琵琶湖哀歌」が東海林太郎小笠原美都子によってレコード化されると、そのヒットと相まって全国的に知れ渡った。

また、萩の浜の一角に四高の関係者と地元民の手で「四高桜」と銘した追悼の石碑が建てられた。この事故で犠牲になった11人の遺影は、金沢大学のボート庫に掲げられている[1]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b R01-802 漕艇事故 抄録1 1903-1945 (PDF) 2012年5月26日閲覧。
  2. ^ 琵琶湖水底の謎 (講談社現代新書)小江慶雄著 1975年1月
  3. ^ トピック1-2 四高ボート部の遭難事故 (PDF) 琵琶湖ハンドブック/滋賀県ウェブサイト、2014年4月22日閲覧。