環境プランニング学会

一般社団法人環境プランニング学会(かんきょうぷらんにんぐがっかい)とは、環境IT、EMS、環境会計・報告書、環境配慮設計等、環境の学問分野の確立および、大学における環境の教育内容等についてのあり方、分析、数値化、計数化の提言のため「環境プランニング」に精通した人材である環境プランナーの養成を目的として設立された学会。

役員編集

会長:山本良一(東京大学名誉教授)、副会長:大和裕幸(東京大学教授)・江間泰穂(東京大学講師)他、顧問:小沢鋭仁(衆議院議員)、理事:石原直(東京大学教授)・本郷孔洋(東京大学教授)他。

活動編集

総会、シンポジュウムが毎年、秋に行われる。 研究発表が毎年、初夏に開催される。

分科会
  • 環境IT 分科会
  • 会計人分科会
  • 環境企業評価分科会  環境会計、環境IR、環境ベンチャー上場等
  • コミュニティ・ガバナンス分科会
  • マーケティング分科会
  • 環境プランナー報告書推進分科会
  • 地域環境プランナー分科会
  • 継続企画推進分科会
  • 環境配慮活動推進分科会
  • 環境ソリューション分科会
  • 資源循環促進分科会
  • CSR分科会

学会誌編集

季刊誌として、東京大学NPO WIN の会[1]「ネイチャーインタフェイス」誌において、環境プランニング学会覧が発行される。

関連項目編集

外部リンク編集