甄城君 李惇(けんじょうくん り とん、キョンソングン イ・ドン、견성군 이돈、1482年 - 1507年)は、李氏朝鮮の王族。諡号は景愍。本貫全州李氏

生涯編集

成宗の七男であり、生母は淑儀洪氏

1506年、柳恩宗の家を奪った。それに不満を抱いた柳恩宗が酒に酔い、元自宅の前を通りながら“どうして他人の家を奪うのか”と尋ねたため、彼を陥れ殺害した[1]

1507年、全山君李顆の謀反事件に連累、推戴を受けたということで、杆城に流罪となった。その後、無罪が認められ、翌年復権した[2]

家族編集

参考文献編集

  1. ^ 육광남, 《연산군 일기》, 하늘과 땅, 2006, ISBN 8995500689
  2. ^ 한국역대인물종합정보시스템 견성군