メインメニューを開く

生態経済学

人間の経済と自然の生態系の相互依存に関する研究分野

生態経済学(: ecological economics[1])は、通時的空間的な、人間の経済と自然の生態系の、相互依存と共進化に取り組む学術的な研究の、学越英語: transdisciplinary的で学際的な分野である。[2]地球の大きな生態系の部分系として経済を扱うことで、そして天然資本の保護を力説することで、生態経済学(: ecological economics)の分野は、環境の主流派経済学の分析のものである、環境経済学とは区別が生じる。[3]ドイツ人の経済学者の一つの調査は、生態経済学者たちが強い持続可能性を力説して、天然資源が人造の資本によって代用できること[4]を却下することをもって、生態的ならびに環境的経済学は異なった経済学の学派英語: schools of economic thoughtであることを見出した。[5]

関連項目編集

脚注編集

引用文献編集