産業党裁判(さんぎょうとうさいばん、1930年11月25日-12月7日ロシア語: Процесс Промпартии)は、複数のソビエトの科学者と経済学者がソビエト連邦政府に対するクーデターを計画したとして告訴され有罪判決を受けた見せしめ裁判英語版である。

概要編集

法務副人民委員(大臣)、RSFSR検事総長補佐、著名なボリシェヴィキであったニコライ・クルイレンコ英語版がこの事件を起訴した。

被告は、レオニード・ラムジン英語版ピョートル・オサドチーロシア語版ニコライ・チャルノフスキーロシア語版アレクサンドル・フェドートフロシア語版、ラリチェフ (Ларичев)、オチュキン (Очкин)、シトニン(Ситнин)、イワン・カリンニコフロシア語版、クプリャノフ(Куприянов)を含む著名なソビエトの経済学者と工学者のグループであった。彼らは、反ソビエト「工学者組織の同盟」または「産業党(Prompartiya)」を結成し、1926年から1930年の間にソビエトの工業と運輸を破壊英語版しようとしたとして告訴を受けた。

関連して、ソビエト科学アカデミーの多くの著名な会員(エフゲニー・タルレロシア語版英語版セルゲイ・プラトーノフ英語版ニコライ・リハチョフ英語版、Sergei Bakhrushinなど)が1930年に逮捕された。彼らは共謀者として「産業党」裁判中に言及された。しかしながら、それに続く裁判は行われず、彼らは数年間ソ連の辺境地域にひそかに追放された。

1936年までにラムジンら被告の多くは罪状を取り消され解放されたが、一部の被告は大粛清の犠牲となった。1989年にすべての被告が罪状を取り消され、名誉回復された。


脚注編集

  • ^ See Volume 21 of the Great Soviet Encyclopedia, New York; 1978.

参考文献編集

  • Andrew Rothstein (Ed.). Wreckers on Trial. London, 1931.
  • N. V. Krylenko. A blow at Intervention. Final indictment in the case of the counter-revolutionary Organisation of the Union of Engineers’ Organisations (the Industrial Party) whereby Ramzin, Kalinnikof, Larichef, Charnowsky, Fedotof, Kupriyánof, Ochkin and Sitnin, the accused, are charged in accordance with article 58, paragraphs 3, 4, and 6 of the Criminal code of the RSFSR. Pref. by Karl Radek. Moscow, State Publishers, 1931.

関連項目編集

外部リンク編集

  • Science in Russia and the Soviet Union: A Short History By Loren R. Graham Published by Cambridge University Press, 1993 ISBN 0-521-28789-8 - Russian technocratic influence of engineers, subsequent deaths, trials and imprisonments.