田尻 芳樹(たじり よしき、1964年- )は、英文学者、東京大学大学院総合文化研究科教授。

大阪出身。筑波大学附属駒場中学校・高等学校、1987年東京大学法学部卒。由良君美のゼミで文学への志を強くし、同大学院人文科学研究科英文学専攻進学、93年博士課程中退、のちにロンドン大学で博士号取得、一橋大学助教授を経て、2001年東京大学教養学部助教授[1]。英文科では高橋康也に師事し、サミュエル・ベケット研究に進んだ。2007年准教授、2015年教授。

著書編集

  • Samuel Beckett and the Prosthetic Body: The Organs and Senses in Modernism. Palgrave Macmillan, 2007 (博士論文)
  • 『ベケットとその仲間たちーークッツェーから埴谷雄高まで』論創社、2009 

編著編集

翻訳編集

論文編集

編集

  1. ^ 『駒場2001』東大教養学部

外部リンク編集