田野崎 昭夫(たのさき あきお、1929年 - )は、日本の社会学者である。中央大学文学部教授を長年勤め、現在、中央大学名誉教授

略歴編集

著書編集

  • 『現代の社会集団』誠信書房、1971
  • 『集団の社会学』中央大学出版部、1998

共編著編集

  • 樺俊雄共著『NHK大学講座社会学』日本放送出版協会、1968
  • パーソンズの社会理論』誠信書房、1975
  • 『企業合理化と地方都市 釜石市における対応と展開』東京大学出版会 、1985.2
  • 『現代都市と産業変動 複合型産業都市浜松とテクノポリス』恒星社厚生閣、1989.2
  • 『地域社会計画の研究』学文社』、1996.2
  • 山本鎭雄共編著『新明社会学の研究 論考と資料』時潮社、1996
  • 『現代社会学のパースペクティブ』学文社、2000.4

翻訳編集

  • カール・マンハイム著、鈴木広共訳『世代・競争』誠信書房、1958
  • 『マンハイム全集2』収録「精神的領域における競争の意義」潮出版社、1975 
  • 『マンハイム全集6 自由・権力・民主的計画』潮出版社、1976.12
  • T.パーソンズ著『社会体系と行為理論の展開』誠信書房、1992.6