田野畑石(たのはたせき、 Tanohataite)は、2012年に発表された新鉱物で、東北大学鉱物学者長瀬敏郎などにより、岩手県の田野畑鉱山で発見された[1]化学組成はLiMn2Si3O8(OH)で、三斜晶系珪灰石グループに属し、セラン石のNaのLi置換体に相当する。発見された鉱山名に因んで命名された。

脚注編集

  1. ^ Nagase, T. et al. (2012): Tanohataite, LiMn2Si3O8(OH): a new mineral from the Tanohata mine, Iwate Prefecture, Japan. Jour. Mineral. Petrol. Sci., 107, 149-154.

関連項目編集

外部リンク編集