メインメニューを開く

甲斐 親宣(かい ちかのぶ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将阿蘇氏の家臣。甲斐氏4代当主。

 
甲斐親宣
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
主君 阿蘇惟豊
氏族 甲斐氏
父母 父:甲斐重綱
親直(宗運)隈荘親昌隈荘鑑昌
守昌
テンプレートを表示

略歴編集

甲斐氏は菊池氏庶流で日向国高千穂鞍岡国人甲斐重綱の子として誕生。

永正11年(1514年)頃、阿蘇惟豊菊池武経(阿蘇惟長)との争いに敗れ肥後国から落ち延びてくるとこれを助け、復権を成功させる。以後、阿蘇家の筆頭家老として活躍。惟豊をして「親宣がいるから何も心配事がない」といわしめた。またある時、病に倒れ出仕を控えたところ、「親宣殿がいないから大事な会議が進まない」と家臣たちを嘆かせたという。

子・親直(宗運)が家督を継いだ。