畑バスストップ(はたバスストップ)は、福岡県北九州市門司区畑の九州自動車道上にあるバス停留所高速畑(こうそくはた)の名称で案内されている。

新門司インターチェンジに至近であるが、別の施設として設けられている。施設として設置されたのは畑バスストップの方が先であるが、1993年に畑バスストップのランプを利用して新門司インターチェンジが建設された。現在のバス停は新たに東側(門司寄り)に移設されたものである。

1980年代後半から西日本鉄道が運行する高速バス路線数路線が停車したが、停車路線の廃止に伴い休止となった。その後、2006年に新北九州空港の開港を機に下関・門司 - 北九州空港間に北九州空港エアポートバスが運行開始された際、当停留所も停車地となったため停留所としての供用が再開されたが、2011年に同路線が廃止されたため停車する路線が消滅し再び休止状態となり、西日本高速道路(NEXCO西日本)の管理用施設に転用されている。

かつて停車した路線編集

最寄の一般道バス停編集

編集

E3 九州自動車道
(1) 門司IC - 畑BS - ((1-1) 新門司IC) - 葛原BS
E2A 関門橋
門司港BS - (1) 門司IC