メインメニューを開く
The woman in white Cover 1890.jpg

白衣の女』(びゃくえのおんな、The Woman in White )は、イギリスヴィクトリア朝ウィルキー・コリンズの長編推理小説・恋愛小説。1859年からディケンズの雑誌All the Year Roundに連載。1860年出版。発表と同時に大ブームを巻き起こす。書店に行列ができ、時の蔵相グラッドストーンは友人とのオペラ鑑賞をすっぽかしてまで読みふけったという。美術教師ハートライトと、その生徒ハルコムの視点から語られる、全身白い衣服に身をまとった女の話。岩波文庫所収。

T・S・エリオットは、この作品は「最高の人間描写」を含んでいると激賞した。

主な登場人物編集

ウォルター・ハートライト
美術教師。
ペスカ
おぼれかかったところをハートライトに助けられるイタリア語教師。感激屋。ハートライトが事件に巻き込まれるきっかけを作る。
アン・キャサリック
白い衣服を身にまとった正体不明の女。
キャサリック夫人
アンの母親。
ローラ・フェアリー
ハルコムの異母妹。ハートライトを愛するが、亡き父親との約束の相手クライドと結婚する。
マリアン・ハルコム
ローラの異母姉。知性的な女性。ローラを愛して止まない。
パーシバル・クライド卿
ブラックウォーター・パークの所有者。
フォスコ伯爵
イタリア人貴族。
フォスコ夫人
フォスコ伯爵の妻で、ローラ・フェアリーのおばのエレノア。

あらすじ編集

青年画家ウォルター・ハートライトがリメリジ家の家庭教師をすることになった。就職前夜、彼は荒野を行く途中、白衣の女に呼び止められた。額の蒼い美女は、ロンドン街道まで案内して欲しいと頼んだ。彼女は彼の就職先に詳しいし、ハンプシャーの准男爵を恐れていた。彼女の立ち去り際に、彼女が精神病院脱走者であることを知って彼は驚愕した。これが作品の出だしである。

この作品の中心は、白衣の女アン・キャサリックとリメリジ家の女性相続人ローラ・フェアリーとの肖似である。ローラは婚約通り、ハンプシャーの准男爵サー・パーシヴァルと結婚したが、彼はローラの財産を入手するべく、ローラをアンの元入院先の病院に入れ、アンが死ぬやその遺体をローラの遺体として埋葬した。しかし陰謀は、ハートライトと彼女の姉マリアンにより暴露され、ハートライトとローラは結婚したのであった。

映像化編集

この作品は何度も映画化・ドラマ化されている。

日本語訳編集