メインメニューを開く

白雀(はくじゃく)は、五胡十六国時代後秦の君主姚萇の治世で使用された元号。384年4月 - 386年4月。

なおトルファンにおいて白雀の元号が記された出土品が発見されているが、これに関しては後秦の元号とする説と、高昌国独自の元号とする説がある。

西暦・干支との対照表編集

白雀 元年 2年 3年
西暦 384年 385年 386年
干支 甲申 乙酉 丙戌

参考文献編集

  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)


前の元号:
中国の元号
後秦
次の元号:
建初