メインメニューを開く

(てき)とは、接尾辞の一つ。

漢字「的」の本義は「あきらか」で、この意味での熟語には「的確」などがある。後に音を仮借し、「まと」の意味と、助詞を表すようになった。[要出典]

中国語における助詞の「的」編集

現代中国語における助詞「的」の意味は大まかには日本語の「の」に当たる。古典ではあまり用いられず、比較的最近のものである。ゆえに、日本語へ入った熟語は少ない。

1930年代ごろ、中国語において、それまで「底」と書かれていた所属の助詞が「的」と書かれるようになり、「的」の意味はいっそう広まった。

厳密には「的」と「の」の意味範囲はいくぶん違い、機械的に訳すことはできないが、日本でも中国でも、「的」=「の」と広く認識されている。そのため、中国語を母語とする日本語学習者には、「の」とは訳せない「的」を「の」と訳し不自然な日本語にしてしまう間違い(例 「幸福的家庭」→×「幸福の家庭」○「幸福な家庭」[1])がしばしば見られる。また、日本の漫画小説では、中国人の話す日本語で、助詞の「の」を「的」に置き換えることがあるが、もちろん中国語として正しいとは限らない。

洋語の訳語としての「的」編集

日本では近代になり、形容詞を生成する語尾である英語-ic音訳に「的」が使われるようになった。本来は (teki) を、Romantic (浪漫的)のように、-t で終わる語根-ic が付いて語尾が -tic となった語の音訳に使われた。[要出典]後に、-ic 全般の音訳に使われるようになった。この音訳は西洋文献の翻訳において多用された。

若者言葉の「的」編集

日本語の若者言葉において、「私(わたし)的には」「気持ち的には」などのように、

  1. 「~は」をぼかした表現
  2. 「~としては」の意

で用いられることがある。前者は「気持ち的には」「長さ的には」、後者は「わたし的には」「○○さん的には」などが挙げられる。2000年新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた「私的には…」は、「~の方(ほう)」「~みたいな」などと同じく、「~だ」「~です」と言い切らない、若者を中心に多用されるぼかし言葉の代表格といえる。接頭辞の(またはチョー)と同じく、本来の言葉の意味に鑑みると正しいとはいえないけれども誤用として全否定するのも難しい。

中国編集

中国でも文化大革命以降に育った世代が「的」を多用し、「的」という語の意味の多さから年配者にはいい顔をされない。[要出典]

参考文献編集

  • 丸山, 千歌「英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合」『ICU日本語教育研究センター紀要』第6号、1997年3月31日、 15-42頁、 NAID 110000479907
  • 望月, 通子「接尾辞「~的」の使用と日本語教育への示唆 ─ 日本人大学生と日本語学習者の調査に基づいて─」『関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies』第2号、2010年3月、 1-12頁、 NAID 120005851773

註釈編集

  1. ^ ただし、「幸福の家庭」と「幸福な家庭」の違いは名詞と形容動詞の定義の曖昧さに由来するものであり、一般的には「幸福な家庭」であるが、「幸福の家庭」もまた正しくないとはいえない。