メインメニューを開く

皇国青年党または興国青年党(こうこくせいねんとう)は、1925年に結成された、日本ファシズムを信奉した政治的結社のひとつ[1]

概略編集

主宰は下位春吉。下位は1925年(大正14年)にイタリアから帰朝し、愛国運動を提唱した。そして同年10月に皇国青年党を結成した。一時は下位の郷土の福岡県では8箇所の支部があり、ファシズム式の党の運営を為した。

脚注編集

  1. ^ 日本思想百年史(福田素顕、躍進日本社、1972年)1047p

関連項目編集