メインメニューを開く
相良歩

相良 歩(さがら あゆみ、1876年明治9年)5月25日[1]1955年昭和30年)11月20日[2])は、金沢市長

経歴編集

石川県士族相良豊の長男として生まれる[1]1899年(明治32年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、内務属となる[3]。その後、高等文官試験に合格し、愛媛県参事官長崎県参事官、群馬県事務官・第一部長兼第三部長[4]宮城県事務官、和歌山県内務部長、山形県内務部長を歴任した[1]1917年大正6年)より樺太庁内務部長を務めた[3]

1922年(大正11年)、金沢市長に選出され、2期8年在任した。

脚注編集

  1. ^ a b c 『人事興信録』
  2. ^ 『電通広告年鑑 昭和31年版』、1956年
  3. ^ a b 『金沢市紀要』p.168
  4. ^ 『官報』第6925号、明治39年7月30日。

参考文献編集

  • 金沢市編『金沢市紀要』、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。