メインメニューを開く

真北方向角

日本測量分野では、真北方向角(しんぽくほうこうかく)とは次のように定義される。

任意の点Aにおいて別の点Bの方位角とは、点Aを通る子午線北方向を基準に右回り(時計回り)に測った角で、また公共測量において主に使用される「平面直角座標系」(公共座標系)において、任意の点Aにおいて別の点Bの方向角とは点Aを通る平面直角座標系のX軸と平行な線のプラス方向(北)を基準に右回りに測った角である。

公共座標系において、任意の点Pが座標系原点を通る子午線上にない場合には方位角と方向角は一致せず、差を生じさせる。この差を真北方向角又は子午線収差ドイツ語版という。平面直角座標系のX軸を基準にして子午線方向までの角度を真北方向角と定義し、子午線収差と符号が逆になる。したがって、真北方向角は座標軸(X)を基準に測るので原点の東側ではマイナス、西側ではプラスの符号をもつ。