典型的な圧力と温度の相図、青い矢印がフリーズドライ。緑の矢印が減圧(真空)乾燥、赤い矢印が超臨界乾燥

真空乾燥英語:vacuum drying)とは、真空(または減圧)下で乾燥する方法である。気圧が下がると空気中の水蒸気分圧が下がり、水分の沸点が低下し蒸発速度が加速され、対象物の乾燥を速めることができる。

真空乾燥時の圧力は、一般に0.0296-0.059気圧であり、その時の水の沸点は25~30℃となる。真空乾燥はバッチ操作であり、減圧下では相対湿度も低くなり、乾燥がより速く起こる[1]

フリーズドライの様に熱に弱い食品や薬品などを予め凍結させてから乾燥[2]や、真空時に加熱する真空加熱乾燥などの応用もある。

用途編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ David Mills , Pneumatic Conveying Design Guide
  2. ^ a b 図解入門よくわかる最新真空の基本と仕組み 著者: 飯島徹穂 p134-5
  3. ^ 眞空乾燥と眞空含浸 真空工業 Vol. 1(1954) No. 1 著:中村 一男