メインメニューを開く

矢原 徹一(やはら てつかず、1954年5月1日[1]- )は、日本の植物学者九州大学教授。専門は生態学進化生物学[2]

略歴編集

福岡県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程単位取得退学。東京大学理学部附属植物園助手、同日光分園講師、東京大学教養学部助教授、九州大学理学部教授を経て、2000年九州大学理学研究院教授・持続可能な社会のための決断科学センター長となる。2009年みどりの学術賞受賞。絶滅危惧植物問題検討第一専門委員会委員長も務めた。

著書編集

  • 『花の性 その進化を探る』東京大学出版会 1995
  • 『決断科学のすすめ 持続可能な未来に向けて、どうすれば社会を変えられるか?』文一総合出版 2017

共編著・監修編集

翻訳編集

  • 『植物の受精 (ダーウィン著作集 3)』文一総合出版 2000

論文編集

脚注編集

  1. ^ Y日記
  2. ^ 『決断科学のすすめ』著者紹介

外部リンク編集