メインメニューを開く

短夜物語』(みじかよものがたり)は、1920年大正9年)製作・公開、細山喜代松監督の日本のサイレント映画である。国際活映角筈撮影所の第1回作品である。

短夜物語
監督 細山喜代松
脚本 野村愛正
出演者 林千歳
製作会社 国際活映角筈撮影所
配給 日本の旗 国際活映
公開 日本の旗 1920年7月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

 
主演の林千歳

1919年(大正8年)12月6日、国際活映株式会社が設立され、同社の常務取締役に就任した小林喜三郎は、翌年1月に自らが設立した天活(天然色活動写真)を買収、松竹蒲田撮影所から井上正夫日活向島撮影所から桝本清を引き抜き、東京府南豊島郡淀橋町大字角筈字十二社(現在の新宿区西新宿4丁目、京王プラザホテル近辺)に角筈撮影所を建設した[1]。桝本は同撮影所の所長および撮影課長(現在の製作部長にあたる)に就任し、かつて向島時代の同僚であった細山喜代松を監督係のメンバーとして入社させた[1]。同年4月には、設立第1作の製作にとりかかる[1]

細山喜代松は、同じ設立メンバーのひとり、野村愛正の脚本を得、新劇文芸協会出身の女優で、同じく設立メンバーに加わった林千歳[2]を主役に起用、本作を監督した[1]。共演に名を連ねる高勢実は後の喜劇役者・高勢実乗であるが、当時は喜劇的要素はまったくない性格俳優であった[1]。角筈撮影所は新劇の流れを汲む現代劇の撮影所、従来天活が稼働していた巣鴨撮影所時代劇の撮影所となった。

本作は、同年7月1日、同年5月に株式会社武蔵野館(現在の武蔵野興業)が、角筈の甲州街道沿いにオープンしたばかりの新宿武蔵野館1928年12月、現在の場所に移転)で公開された[1]。当時の角筈の地はまったくの郡部であり、東京市の住宅地から郊外の農村地帯へ、現在のバキュームカーの役割を果たす牛車が列をなしていた時代の話である[1]。「いっそ小田急で逃げましょか」が流行語となるほど新宿駅近辺が発展するのは、同フレーズが歌詞に登場する1929年昭和4年)5月31日公開の『東京行進曲』前後であり、10年早い時代であった。

本作のフィルムプリントは、東京国立近代美術館フィルムセンターは所蔵していない[3]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、田中純一郎中央公論社、1968年、p.292-293.
  2. ^ 林千歳、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2009年11月29日閲覧。
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システムでの検索結果、東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年11月29日閲覧。

外部リンク編集