メインメニューを開く

石川藩(いしかわはん)は、陸奥国(後の磐城国)石川郡周辺(福島県石川郡)を支配した

概要編集

石川藩は寛文2年(1662年)、本多忠勝の曾孫・忠平白河藩主)が襲封にあたり次弟の忠利に陸奥石川郡のうち16か村1万石を分与して成立した白河藩の支藩である。天和元年(1681年)9月に三河国挙母藩へ移封となったため、19年で石川藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

本多家

1万石。譜代

  1. 忠利