石柳女(せきりゅうじょ、明和6年〈1769年〉 - 没年不明)とは、江戸時代の女性浮世絵師

来歴編集

鳥山石燕の門人。安永8年(1779年)の石燕門下の歳旦帖『初八声』に「十一歳石柳女」と称して挿絵を描いているが、その他の事は不明。

参考文献編集