メインメニューを開く

石柳女(せきりゅうじょ、明和6年(1769年) - 没年不明)は、江戸時代の女性浮世絵師

来歴編集

鳥山石燕の門人。石柳女と号しており、安永から天明期に作画をしている。安永8年(1779年)に刊行された石燕派の歳旦帖『初八声』に挿絵を描いている。これには「十一歳石柳女」とある。

参考文献編集