メインメニューを開く

石田 ゆうすけ(いしだ ゆうすけ)は、日本の旅行ライター。

来歴編集

和歌山県出身[1]京都産業大学経済学部在学中の1989年に自転車で日本一周を達成。大学卒業後、2002年に自転車で世界一周を達成。2013年、「行かずに死ねるか!」を出版[2]。 「行かずに死ねるか!」を初めとする3部作は韓国、台湾、中国でも発売され、累計30万部を超えた。 作家としての活動の傍ら、全国の学校や企業で講演も行っている[3]

著書編集

  • 「行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 」実業之日本社 2003年
  • 「いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅〈2〉」実業之日本社 2005年
  • 「洗面器でヤギごはん 世界9万5000km 自転車ひとり旅III」実業之日本社 2006年
  • 「道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅」幻冬舎 2009年
  • 「地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅」幻冬舎 2013年

関連項目編集

  • 土居一洋 - 北海道に滞在していた時、北海道圏内の公立図書館を廻っていた土居と出逢う。「自転車での旅」という共通性が在ったことと、土居の活動に感銘を受けたことから、要所要所で旅中の土居を支援していた。土居とは旅を終えて7年近く経過した2019年現在も交流がある。

出典・脚注編集

  1. ^ 石田ゆうすけのエッセイ蔵”. 2018年9月24日閲覧。
  2. ^ サギタリウスVOL.61”. 2018年9月24日閲覧。
  3. ^ 石田ゆうすけのエッセイ蔵”. 2018年9月24日閲覧。

外部リンク編集