メインメニューを開く

石部神社(いそべじんじゃ)は、石川県小松市古府町に鎮座する神社である。加賀国総社であった。式内社で、旧社格郷社

石部神社
石部神社
所在地 石川県小松市古府町カ169
位置 北緯36度24分23.8秒
東経136度30分10.2秒
座標: 北緯36度24分23.8秒 東経136度30分10.2秒
主祭神 櫛日方別命
社格 式内社(小)・加賀国総社・(加賀国一宮)・郷社
別名 府南社、船見山王明神
テンプレートを表示

祭神編集

祭神は櫛日方別命であるが、『加賀國式内等舊記』などには大物主神と記されており、近世には船見山王明神と呼ばれていた。

歴史編集

創祀年代は不詳であるが。加賀国が越前国から分国された弘仁14年(823年)よりも前から存在していたと伝えられ、加賀国の国府の南に位置したところから府南社との別名があった。ただし、『白山之記』には府南社の創建は加賀国が越前国されたときであるとしている。延喜式神名帳には「加賀国能美郡 石部神社」と記載され、小社に列している。

当社が加賀国総社とみられており、一時は隆盛を誇ったが安元2年(1176年)の涌泉寺事件以降勢力が衰えた。慶長5年(1600年)に丹羽長重により社殿の修理などが施され、江戸時代には歴代の加賀藩藩主の保護を受けた。また、当社が加賀国一宮であると考えられていた時期もあり、白山比咩神社と論争になった。