メインメニューを開く

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。現在は主に東京で演じられる。 3代目柳家小さんが、大阪の4代目桂文吾に教わり、東京に移した。

あらすじ編集

主人が、友人を呼んでを一局することになる。以前、碁に夢中になってを焦がしてしまったから、「碁は碁、煙草は煙草」と分けて、一局打った後にゆっくり煙草を吸おうと決め、二人は碁盤に向かう。だが、「おい!煙草がないぞ!」と約束も忘れてしまう。家人も気を利かして、煙草盆に紅生姜を入れて女中と外出する。

そうとは知らぬ二人、碁に夢中である。煙草に火を点けようとしても紅生姜だから点かない。「あれ!?おかしいなあ。点かねえ」と言いながらも、碁盤ばかり見つめている。

そこへ一人の泥棒が入っていくる。ありたけ盗んでさあ引上げようとしたら、パチリ!という碁石を打つ音が、静かな夜更けだから余計に響く。また、因果とこの泥棒も碁好きときているから。…

「あっ!やっているな。…手はどうかな。…あっ? それはいけない。もしもし、だめですよォ!」と、自身が泥棒に入ったのを忘れて、対局に首を突っ込む始末。二人も、まさか泥棒とは気付かない。

「何言ってる。これでなくちゃあ…うるさいねえ。あれ?知らない人だ」と初めて気づくが、また碁盤に目を落とし「お前は誰だいっと、いくか」とパチリ。相手も「じゃあ。わたくしもお前は誰だいっと!」パチリ。

「へへ。泥棒です」

「泥棒さんか」パチリ。「よくいらしゃったねえ」とパチリ。

概略編集

笠碁」とならぶ碁をテーマにした落語の代表的演目である。5代目柳家小さん6代目春風亭柳橋が得意とした。柳橋は、「よくいらっしゃたねえ。」のあと、「お景気はいかがです。」「おかげでこんなに御宅からいただきました。」「それはよいことをしましたな。・・・これからちょいちょいいらっしゃい。」 というサゲを用いていた。