メインメニューを開く
碓氷勝三郎商店 北の勝酒造場

碓氷勝三郎商店(うすいかつさぶろうしょうてん)は、北海道根室市にある酒造メーカーで、創業は明治20年(1887年)である。

目次

概要編集

清酒「北の勝(きたのかつ)」が有名だが、企業としては法人格を持たない個人商店であり、製品の製造元表記には店主名が併記される。

創業者の碓氷勝三郎は酒造業の傍ら、根室近辺で獲れる缶詰に加工することに成功、タクシー会社も経営するなど、一代で大きな財産を得たことでも知られる。缶詰加工業は後に経営破綻して廃業したため、現在は酒造業を本業としており、煉瓦造りの立派な倉庫などを市内に構えている。

根室市およびその周辺の酒店では必ずといっていいほど「北の勝」が置かれており、地元に定着している。しかも全生産量の8割は、釧路根室地区で消費されている。

普通酒の「大海」は以前糖類・酸味料添加であったが、2007年7月以降は糖類・酸味料無添加になっている。

毎年1月に限定発売される「搾りたて」は吟醸香が豊かでフルーティーな味で出荷本数が少なく入手困難な酒として全国の日本酒通に有名である。

所在地編集

北海道根室市常盤町1丁目6番地

沿革編集

  • 1887年 碓氷勝三郎(初代)が清酒製造を始める。(創業)

醸造している銘柄編集

  • 北の勝 大海(普通酒・佳撰クラス)
  • 北の勝 鳳凰(普通酒・上撰クラス)
  • 北の勝 精選(本醸造・超特撰クラス)
  • 北の勝 吟醸酒(吟醸酒、販売期間限定)
  • 北の勝 大吟醸(大吟醸、販売期間限定)
  • 北の勝 搾りたて

このほかにも存在する。

外部リンク編集