神戸改革派神学校

神戸改革派神学校(こうべかいかくはしんがっこう)は、兵庫県神戸市北区菖蒲が丘 3丁目 1-3 にある、日本キリスト改革派教会が運営する神学校ウェストミンスター信仰告白に基づく歴史的改革派神学を信仰心篤く優秀で堅実な教授陣が教え、おもに日本キリスト改革派教会教職を養成してきた。

概要編集

  • 創立60周年を経た今日、300名以上の卒業生を送り出してきた。改革派以外の国内他教派から、さらに韓国をはじめ海外留学生も受け入れており、卒業生は改革派教会の他に同盟教団、韓国、アメリカ、イギリス他多くの教会の牧師として仕えている。また、1999年からは教師候補者以外のキリスト教研究者・信徒伝道者・教会学校教師・教会役員などの学びを希望する者方々のために男女を問わず、入学資格も短期大学同等の学力を有するものとする別科課程が設けられた。
  • 正課授業以外に、内外の講師による特別公開講義、夏期信徒講座、神学生と現場の牧師たちによる共同研究セミナー、近隣諸教会信徒の聴講制度を設けている。

歴史編集

  • 1947年 4月「日本基督改革派教会」によって開設された。前身は、1907年に設立された「神戸神学校」遡る。それまで明治学院大学神学部の経営に参加していたアメリカ合衆国長老教会(南長老教会)ミッションは、同校の自由主義的な組織神学の教科書の採用に反対し、それをきっかけに独自の立場によるを設立、経営するに至った。その後 1927年、米国北長老教会系の大阪神学院と合併し「中央神学校」と改称した。1941年、再びミッション単独の経営となり第二次世界大戦を迎えた。1941年、中央神学校閉鎖に伴い、日本キリスト改革派灘教会内に設立された昭和神学研究所が図書などを継承し、後日の再興を期することとなる。神戸神学校および中央神学校を一貫していた信仰と神学の伝統は、米国南長老教会の歴史的改革派神学への忠誠、伝道牧会における熱心な奉仕、神社参拝を偶像礼拝とみなす姿勢である。

教授編集

現職教授会
元職

卒業生編集

日本キリスト改革派教会編集

[1]

他教会編集

脚注編集

  1. ^ 日本キリスト改革派教会の牧師のほとんどが同神学校を卒業している。

関連項目編集

外部リンク編集