メインメニューを開く

神戸 文彦(かんべ ふみひこ、1940年9月7日 - )は、日本テレビ放送網の制作局エクゼクティブディレクター武蔵大学経済学部卒業。 長年に渡って日本テレビのバラエティ番組の演出を手掛けている。

人物編集

  • 元々は子役として、『三太物語』(1951年)、『三太と千代ノ山』(1952年)、『三太頑張れッ!』(1953年)の3本の映画でいずれも『三太』役で出演[1]
  • 日本テレビ入社後、『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』で齋藤太朗らの下でADを務め、以降『カリキュラマシーン』『欽ちゃんの仮装大賞』では齋藤とともに演出を務める。その仮装大賞と『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』は初回から携わっている。尚、24時間テレビは2006年の第29回を最後に勇退した。[2]
  • その『仮装大賞』の出場者の体験談[3] によると、予選の審査を務めている時やリハーサルに立ち会う時の神戸は“オニ”と言われるほど厳しく、『いい』『悪い』をはっきり言う姿勢だったが、本番では一組演技が終わるごとに出場者よりも喜び、出場者みんなに温かく接してくれる一面も見せていたという。
  • 現場では、上役よりもディレクターの方が偉いと言うような考えを持っている[4]

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

編集

ディレクター(演出)編集

プロデューサー編集

エピソード編集

  • 「ゲバゲバ~」時代の同僚ADだった望月和雄とは、「11PM」ではともにディレクターとして腕を競い合った。1999年に放送された同番組の復活祭では二人で総監督(制作現場の最高責任者)を務めた。

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 第40回(2018年)では仮装大賞の特別企画の監修を担当
  3. ^ [2]
  4. ^ 出典:[3]

関連人物編集

  • 渡辺弘
  • 齋藤太朗(ゲバゲバ~やカリキュラ~・仮装大賞を神戸とともに担当)