メインメニューを開く

神舟10号2013年6月11日に打ち上げられた神舟有人宇宙飛行である[1]。中国では2人目となる女性飛行士の王亜平を含む3人の飛行士が搭乗した。打ち上げから2日後の6月23日に、無人の神舟8号、有人の神舟9号に引き続き、宇宙ステーション天宮1号との自動ドッキングを、同23日には手動ドッキングをそれぞれおこなった[2]。6月26日、15日間の飛行を終えて帰還[3]。宇宙滞在15日間は、神舟9号の13日間を超え、中国の有人宇宙船の最長記録を更新した。

神舟10号
徽章
Shenzhou-10.png
ミッションの情報
ミッション名 神舟10号
乗員数 3(聶海勝張暁光王亜平
打上げ機 長征2号F
発射台 酒泉衛星発射センター
打上げ日時 2013年6月11日17時38分
着陸または着水日時 2013年6月26日
ミッション期間 15日間
年表
前回 次回
神舟9号 神舟11号

2008年の段階では、「神舟9号が宇宙ステーションから分離し、地球に帰還した後、神舟8号と神舟10号は軌道上で待機し、神舟11号の到着を待ち[4]、神舟10号は11号の乗員の帰還船としても使用される予定[5]」とされていた。実際には2011年11月に打ち上げられた神舟8号は無人のまま同月に地上に帰還しており、神舟11号が10号に続けて打ち上げられることもなかった。

参考文献編集

関連項目編集