メインメニューを開く
禅林街の様子

禅林街(ぜんりんがい)は、青森県弘前市西茂森にある史跡。

目次

概要編集

長勝寺まで続く並木道沿いに建つ、長勝寺を含む33の曹洞宗の寺院が林のように並木道に沿って建っていることから禅林街と呼ばれる。寺院の数から禅林三十三ヶ寺の通称がある。同じ宗派の寺院が、まとまって建っている場所は全国でも稀である。

歴史編集

弘前藩の2代藩主・津軽信枚が、長勝寺を当地に1610年弘前城築城とともに種里(現:西津軽郡鯵ヶ沢町)から移したことから始まり、当時領内で主になっていた曹洞宗の寺院を当地に集める。また、時の2代藩主・信枚が禅林街を弘前城の南の要にするほか、宗教文化の統一を図ろうとしていたことが背景にある。

交通アクセス編集

ためのぶ号は毎年4〜11月の運行。またかつては、長勝寺まで運行されていた路線も実在。

関連項目編集

参考文献・外部リンク編集