メインメニューを開く

私たちの幸せな時間』(わたしたちのしあわせなじかん、原題:우리들의 행복한 시간題:Maundy Thursday/Our Happy Time)は、2006年公開の韓国映画

私たちの幸せな時間
우리들의 행복한 시간
監督 ソン・ヘソン
脚本 ジョアン・ミンソク
パク・ウニョン
原作 コン・ジヨン
製作 キム・サングン
出演者 カン・ドンウォン
イ・ナヨン
音楽 イ・ジュジン
撮影 カン・スンギ
編集 パク・コクチ
製作会社 LJフィルム
サンサンフィルム
配給 デスペラード
公開 大韓民国の旗 2006年9月14日
日本の旗 2007年7月14日
上映時間 124分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
私たちの幸せな時間
各種表記
ハングル 우리들의 행복한 시간
発音 ウリドゥレ ヘンボッカン シガン
題: Maundy Thursday
(Woo-ri-deul-ui Haeng-bok-han Si-gan)[1]
テンプレートを表示

韓国で多くの文学賞を受賞しているベストセラー女流作家コン・ジヨンの同名小説の映画化[2]。『パイラン』で青龍映画賞 監督賞、『力道山』で大鐘賞 監督賞を受賞した、映画監督ソン・ヘソンの4作目の作品で、韓国での観客動員は300万人[3]。第14回春史大賞映画祭にて脚本賞(チャン・ミンソク、パク・ウニョン)受賞。

目次

ストーリー編集

3回目の自殺に失敗した元歌手ユジョンは、叔母であるシスタ・モニカの誘いで、三人の女性を殺して死刑囚になったユンスと毎週木曜に面会することになる。一日も早い死刑執行を望むユンスに、自分に似たものを感じたユジョン。ユンスもまた、棘のある言葉ばかりを投げつけるユジョンに、自分に似たものを感じていた。裕福な家で育ったユジョンと孤児のユンス。全く違う人生を送って来た二人だったが、面会を繰り返すうちに互いを思いやるようになり、心の奥に秘めていた深い傷を癒し合える存在となる。生きていればまた会える。二人は生きることを大切に思うようになるが、刑は執行される。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ソン・ヘソン
  • プロデューサー: キム・サングン
  • 脚本:チャン・ミンソク、パク・ウニョン
  • 原作:コン・ジヨン
  • 撮影:カン・スンギ
  • 音楽:イ・ジュジン
  • 編集:パク・コクチ
  • 日本語字幕:根本理恵

製作・エピソード編集

原作との比較編集

原作ではユンスの秘密や生い立ちはユジョンに遺したノートに綴られており、彼の心を開いたのはシスタ・モニカである。原作では刑に立ち会ったのは牧師だけであり、シスタの死への暗示が物語の終わりになっている。生と死・罪と罰をカトリック教化活動を通して描いている点では原作に即している。原作はさらに死刑制度に対する疑問を強く提起しており、犯罪の連鎖についても触れている。

リメイク編集

日本での漫画化。ユジョンだけではなくユンスもまた拘置所内で自殺を繰り返すという設定。ユジョンは元歌手ではなく元ピアニストでお嬢様育ち。ユンスが殺したのは一人の男と母子。死刑執行に向かうユンスをユジョンはピアノを弾いて送る。

受賞歴編集

2006年編集

DVD・書籍編集

  • DVD JAN:4527427639218(2007年12月21日発売)
  • DVD JAN:4527427642898(2009年1月28日再発売)
  • CD JAN:4527427723214 (2007年6月22日発売)
  • 原作小説 著:孔枝泳 訳:蓮池薫 新潮社 ISBN 9784105055516 (2007年5月発売)[5]
  • コミック 漫画:佐原ミズ 原作:孔枝泳 訳:蓮池薫  新潮社 ISBN 410771439X (2008年12月発売)[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 우리들의 행복한 시간 (私たちの幸せな時間) 韓国映画データベース 2011年8月21日閲覧。
  2. ^ 同名小説を映画化 キネマ旬報
  3. ^ 観客動員数 シネコリア
  4. ^ 刑務所で撮影 All About
  5. ^ 原作小説 新潮社
  6. ^ コミック 新潮社

外部リンク編集