秋間実

日本の哲学研究者

秋間 実(あきま みのる、1928年2月3日 - )は、日本の哲学研究者、旧・東京都立大学名誉教授。マルクス主義哲学を研究した。元唯物論研究協会委員長。

東京生まれ。1951年東京大学文学部哲学科卒。同大学院修士課程修了。北海道大学講師、助教授、東京都立大学人文学部助教授、教授。88年唯物論研究協会委員長[1]。91年定年退官、名誉教授[2]九条の会賛同人。

著書編集

  • 『現代科学と唯物論』新日本出版社 1971
  • 『自然の弁証法』日本青年出版社 青年のための社会科学 1971
  • 『科学論の世界』大月書店 1974
  • 『唯物論とはなにか』新日本選書 1974
  • 『人類史への散策』新日本新書 1977
  • 『哲学を学ぶ人へ 『フォイエルバッハ論』を読む』大月書店 1981

共著編編集

  • 『現代の観念論哲学』編 新日本選書 1973
  • 『現代科学の形成と論理 物理科学を中心に』荒川泓共著 大月書店 1979

翻訳編集

  • ゲオルグ・ズィークムンド『現代医学の光にてらしてみた奇蹟』エンデルレ書店 1967
  • A.コージング責任編集『マルクス主義哲学』大月書店 1970
  • レートロー他編著『弁証法的・史的唯物論』大月書店 1972
  • G.シュティーラー『社会発展の弁証法 マルクス主義歴史理論の基礎』青木書店 1977
  • エンゲルス『フォイエルバッハ論』藤川覚共訳 大月書店 大月センチュリーズ 1983
  • ベー・エム・ゲッセン『ニュートン力学の形成 『プリンキピア』の社会的経済的根源』稲葉守小林武信渋谷一夫共訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1986
  • カール・レーヴィットナチズムと私の生活 仙台からの告発』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1990
  • フリードリヒ・エンゲルス『自然の弁証法 新メガ版』渋谷一夫共訳 新日本出版社 1999
  • エンゲルス『反デューリング論』新日本出版社 科学的社会主義の古典選書 2001

論文編集

編集

  1. ^ [1]唯物論研究協会
  2. ^ 『現代日本人名録』