秘書・恵純 18歳』(ひしょ・えずみ じゅうはっさい)は、鴨居まさねによる日本漫画作品。

概要編集

YOUNG YOU』(集英社)にて1996年3月号から1997年1月号まで全5話が連載され、続編「秘書・恵純 19歳 きのうの明日は」が『別冊YOUNG YOU』1998年EARLY SUMMER号に掲載された。

突然父が社長を務める会社の社長秘書に任命された、娘・恵純の奮闘振りを描く作品。但し、恵純がいかに成長するかなどではなく、いかに手を抜いて仕事をこなし、いかに充実したアフター6を過ごすかに重点が置かれている。主人公・恵純が勤める会社の社員全員に1話ずつ主役を務めさせ、恵純が20歳で結婚するまでを描く予定だったが、「SWEETデリバリー」や「雲の上のキスケさん」などの同時期連載を始めてしまい、番外編として19歳の話を1話描いたのみで諦めてしまった[1]

登場人物編集

田中 恵純(たなか えずみ)
18歳。大学受験に失敗し、外に出すにはあまりに恥ずかしいからと、父親が社長を務める機器設計メーカー「オアシス田中」の社長秘書に任命される。
多少頭が悪くても素直で可愛いのが一番だと甘やかされて育った。
久米(くめ)
25歳。野々村チームの一員。
自分のレベルが仕事の内容を越えてしまい、飽きては転職を繰り返してきた。恵純の働き振りが気に食わず、また転職しようかと考えたこともあったが、「オアシス田中」の仕事は久しぶりに面白いと思えた職場であるため、恵純のことはなるべく気にしないよう努めている。外回りから帰ってきた後、給湯室で足を洗う習慣がある。
和田 あかね(わだ あかね)
24歳。プレゼン班。女性社員の中では恵純と一番年が近いため、仲が良い。
幼い頃からそこそこ美人の姉と比べられ「ブサイクな方の和田」と言われて育った。自分の容姿は嫌いではないが自信は無い。
野々村(ののむら)
30歳。設計班チーフ。
恵純が社内で一番まともだと思っていた男性。和田の上司だった女性と結婚した。飲み会では女装ショーが恒例となっている。
西中島(にしなかじま)
32歳。総務。不倫経験がある。
岸 すみれ(きし すみれ)
プレゼン班チーフ。年齢不詳。中途採用で引き抜かれてきたこと以外経歴不明の謎の女性。
芦屋(あしや)
32歳。高津チームの一員。子どもが2人いる。
鈴木(すずき)
23歳。野々村チームの一員。根暗。恵純のことが好き。
高津(たかつ)
42歳。特殊機械設計班チーフ。娘5人を抱えたまま妻に逃げられた。和田に少し気がある。
南方(みなみかた)
25歳。高津チームの一員。西中島のことが好き。
江藤(えとう)
48歳。常務。
田中 清(たなか きよし)
「オアシス田中」社長。恵純の父親。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『秘書・恵純 18歳』文庫版あとがき

書誌情報編集

鴨居まさね 『秘書・恵純 18歳』

  • 単行本(集英社クイーンズコミックス〉全1巻
  • 文庫本(集英社発売・ホーム社発行〈ホーム社漫画文庫〉)全1巻、2010年8月18日発売、ISBN 978-4-8342-7481-3
    • 「スキンシップ・フェスティバル」(『別冊YOUNG YOU』1996年EARLY SUMMER号掲載)
    • 「明日まで待てない」(『YOUNG YOU』1995年7月号掲載)
    • 「オカメと巻き毛」(『YOUNG YOU』2000年4月号掲載)収録