メインメニューを開く

秩父 重隆(ちちぶ しげたか)平安時代後期の武将、武蔵国在庁官人秩父重綱の次男。河越氏の祖。

 
秩父重隆
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 久寿2年8月16日1155年9月14日
別名 次郎大夫(通称)
氏族 秩父氏
父母 父:秩父重綱
兄弟 重弘重隆高山重遠江戸重継
太田行光
葛貫能隆山田隆綱師岡重仲源義賢

略歴編集

重綱の次男であったが、秩父氏の家督を継いで「武蔵国留守所検校職」(むさしのくにるすどころそうけんぎょうしき)にあり、武蔵国で最大の勢力を有していた。隣国の藤姓足利氏新田氏利根川を挟んで抗争を繰り返しており、また家督を継がなかった兄重弘の長男・畠山重能並び父・重綱の後妻との間でも、家督を巡って対立していた。仁平3年(1153年)夏、河内源氏の御曹司・源義賢を娘婿として武蔵国比企郡大蔵館に迎え、周囲の勢力に対抗する。

重隆と義賢が結んで関東での勢力拡大の動きを見せると、これに対抗する義賢の兄・源義朝は上洛した自身に代わって長男・義平を鎌倉に派遣しており、重隆と対抗する勢力の新田氏、畠山氏はいずれも義朝、義平父子の勢力と結んでいた。また義平の乳母が重能と一緒に重隆との家督争いをしている、重綱の後妻(つまり重隆の継母)であるという関係だった。久寿2年(1155年)8月16日、義平は大蔵館を襲撃し大蔵合戦に及んで、義賢とともに討たれた。

留守所総検校職は孫の河越重頼に継承された。

関連項目編集