税所 敦朝(さいしょ あつとも、永禄12年(1569年) - 慶長13年11月17日1608年12月24日))は、平佐(現在の鹿児島県薩摩川内市平佐町)領主北郷三久の家臣。通称は七右衛門。レオ税所七右衛門。薩摩国初の殉教者。

福者 レオ税所七右衛門
殉教者
生誕 永禄12年(1569年
日向国都城
(現・日本の旗 日本 宮崎県都城市)
死没 慶長13年11月17日1608年12月24日
薩摩国
(現・日本の旗 日本 鹿児島県
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 2008年11月24日
列福場所 長崎県長崎市
列福決定者 ベネディクト16世
テンプレートを表示

経歴編集

永禄12年(1569年)、日向国都城生まれ。慶長元年(1596年)、主君である北郷三久の転封に従って平佐へ移住。そこで、パウロ吉右衛門からキリスト教のことを聞き、京泊教会へ行き、1608年7月22日に洗礼を受けレオと名乗る。後に、次男の敦吉も受洗しミカエルと名乗る。当時すでに、北郷氏はキリスト教を禁止していたので、三久はレオに死刑を宣告した。親戚や友人は3日間にわたり棄教を勧めたが、レオはこれを拒否し十字架にかけられることを希望した。結局、十字架ではなく、屋敷前の十字路で斬首され、遺体は京泊教会に埋葬された。翌年、薩摩に宣教師退去命令が出され教会も解体された。レオの遺骨は長崎へ移され、さらにマニラに渡ったが、慶安2年(1649年)の地震により失われた。

列福編集

2007年教皇ベネディクト16世ペトロ岐部と187殉教者列福を承認し、税所敦朝は福者となった。

参考文献編集

  • 『都城市史』
  • 『ペトロ岐部と一八七殉教者』(2007年 カトリック中央協議会)