メインメニューを開く

稲垣 定計(いながき さだかず、享保13年(1728年)- 享和4年1月18日1804年2月28日))は、近江山上藩の第4代藩主。

旗本稲垣昭倫(宗家・稲垣重昭の次男)の次男。母は渡辺輝の娘。正室は松平忠暁の娘。子に稲垣定淳(長男)、稲垣定時(次男)、稲垣定賢(三男)、稲垣定邦(四男)、娘(増山正賢正室)。官位は従五位下、若狭守、周防守、長門守。

享保13年(1728年)、もしくは享保18年(1733年)6月22日生まれと言われている。幼名は鎌吉。先代藩主の稲垣定享には女児2人しかいなかったため、元文5年(1740年)6月21日、定享が死去した後、その末期養子として跡を継いだ。延享元年(1744年)11月15日、将軍徳川吉宗にお目見えする。延享2年、従五位下若狭守に叙任する。宝暦8年(1758年)11月15日に大番頭天明元年(1781年)10月12日に大坂定番となる。寛政3年(1791年)10月13日に定番を辞任し、翌年11月20日に長男の定淳に家督を譲って隠居し、南岳と号した。享和4年(1804年)正月18日、77歳で死去した。法号は香林院海栄南岳大居士。墓所は群馬県伊勢崎市の天増寺。