競争戦略(きょうそうせんりゃく、英:competitive strategy)は市場における他社との競合に着目した経営戦略の総称である[1]

概要編集

競争戦略とは、業界において有利な市場地位(ポジション)を確保するための戦略的行動である。

ポーター編集

マイケル・ポーター5つの競争要因を優位に進める汎用的な競争戦略を3つ挙げている[2]

他の競争戦略として、コトラーの競争地位戦略などが存在する。

脚注編集

  1. ^ "市場の全体的パイの拡大が困難になったため, ... 競争者をたたいてその取り分を奪うという形の一時的, 直接的な市場競争意識が企業行動の中核として生まれてきた. ... 多くの企業は競争を重視した戦略形成を行うようになってきた" 赤岡. (1994). 競争戦略の諸説に関する検討 ―競争地位別戦略を中心として―. 繊消誌. Vol. 35, No. 10.
  2. ^ "In coping with the five competitive forces, there are three potentially successful generic strategic approaches to outperforming other firms in an industry: 1. overall cost leadership 2 differentiation 3. focus." Porter. (1980). Competitive Strategy - Techniques for Analyzing Industries and Competitors. The Free Press.

参考文献編集

  • Michael E. Porter, Free Press, New York, 1980.

関連項目編集

外部リンク編集