笛彦兵衛(ふえ-ひこべえ ?-?)は、室町時代の能楽笛役者である。本名は檜垣本彦四郎栄次、享禄2(1529)年以降、檜垣本「彦兵衛」栄次と改める。

観世座笛役者の名人日吉左衛門尉国之を師とする。細川澄元の後援のもとに永正17(1520)年以前から活躍しており、天文8(1539)年までの活動の記録がみえる。金春禅鳳の芸談『禅鳳雑談』には「笛もひこ四郎上手」とあって、当時の名人として他流からも高い評価を受けていたようである。

現在の能楽笛方すべての流儀の芸祖。

笛彦兵衛- 扇屋 ― 春日市右衛門元道 ・・・春日流(戦後に廃絶)
笛彦兵衛- 千野与一左衛門親久 - 牛尾彦左衛門玄笛 - 牛尾豊前藤八 - 平岩勘七親好 ・・・平岩流(明治期に廃絶)
                  牛尾彦左衛門玄笛 - 森田庄兵衛光吉 ・・・森田流
笛彦兵衛- 中村七郎左衛門長親 - 中村又三郎一噌似斎 - □ - □ - 一噌八郎右衛門 ・・・一噌流
 中村七郎左衛門長親 - 馬淵美作守頼元 - 下川丹波守重次丹斎 - 藤田清兵衛 ・・・藤田流

参考文献編集

岩波講座「能・狂言」別巻 1992年5月25日発行