第1コンスタンティノポリス公会議

第1回コンスタンティノポリス公会議から転送)
会場となったハギア・イリニ教会

第1コンスタンティノポリス公会議(だい1コンスタンティノポリスこうかいぎ)は、381年にコンスタンティノポリス(現トルコイスタンブール)で行われた二回目のキリスト教公会議。(正教会の一員たる日本ハリストス正教会では第二全地公会ともいう。)

概説編集

325年に行われた第1ニカイア公会議ニカイア信条を採択し、アリウスの破門とアリウス派の否定をもって終わった。しかしこれによってもアリウス派の問題は決着せず、政治問題も含めてより複雑化していた。これを解決するため、再び公会議が行われた。主催者となったのは時のローマ皇帝テオドシウス1世である。コンスタンティノポリスは伝統的にアリウス派への賛同者が多い土地であったが、ニカイア信条の支持者であった皇帝は信頼していたナジアンゾスのグレゴリオスと共に会議を主導した。参加者は150名ほどですべてが東方地域からの参加者であった。

会議では最終的にニカイア信条を修正し、聖霊についての一文を付加するなど拡充したニカイア・コンスタンティノポリス信条を採択し、アリウス派、サベリウス主義アポリナリオス主義およびホモイウジオス主義者(ニカイア信条に入っていた「同質」という言葉に反対し、「相似」(ホモイウジオス)という言葉を支持した人々)の排斥を決定した。