第1次ヴィルヘルム・ブル内閣

第1次ヴィルヘルム・ブル内閣(だいいちじヴィルヘルム・ブルないかく)は、1942年5月4日から1942年11月9日までデンマーク政府だった。トーヴァル・スタウニング首相の死後にできた。

第一次ヴィルヘルム・ブル内閣
デンマーク 第40代代内閣
Flag of Denmark.svg
Vilhelm Buhl.jpg
成立年月日1942年5月4日 (1942-05-04)
終了年月日1942年11月9日 (1942-11-9)
組織
元首クリスチャン10世
首相ヴィルヘルム・ブル
総閣僚数13
与党デンマーク社会民主党
ヴェンスタ
保守党 (デンマーク)
ラディケーリ
議会における地位挙国一致内閣
詳細
議会任期1939–1943
前内閣第6次スタウニング内閣
次内閣スカヴィーニウス

大臣の一覧編集

下の表の一部の期間は、1940年7月8日より前に開始するか、1942年5月4日以降に終了する。これは、大臣が第6次スタウニング内閣またはスカヴィーニウス内閣にも所属していたためである。

この内閣は、以下の通り構成されていた[1]

役職 画像 氏名 政党 任期
首相   ヴィルヘルム・ブル デンマーク社会民主党 1942年5月4日-1942年11月9日
外務大臣   イーレク・スカヴィーニウス 無所属 1940年7月8日-1943年8月29日
財務大臣   ヴィルヘルム・ブル デンマーク社会民主党 1937年7月20日-1942年7月16日
  アルスィング・アナスン デンマーク社会民主党 1942年7月16日-1942年11月9日
国防大臣   セーアン・ブロアソン ヴェンスタ 1942年5月4日-1943年8月29日
教会大臣   ヴィルヘルム・フィービガ 保守党 (デンマーク) 1940年7月8日-1942年11月9日
教育大臣   ヤアアン・ヤアアンスン ラディケーリ 1935年11月4日-1942年11月9日
法務大臣   アイギル・トゥーネ・ヤコプスン 無所属 1941年7月9日-1943年8月29日
内務大臣   クヌーズ・クレステンスン ヴェンスタ 1940年7月8日-1942年11月9日
農水大臣   クレステン・ボーディング デンマーク社会民主党 1935年11月4日-1943年8月29日
公共事業大臣   ゴナ・ラースン 無所属 1940年7月8日-1943年8月29日
商工海運大臣   ハルフダン・ヘンドレクスン 保守党 (デンマーク) 1940年10月3日-1945年5月5日
社会大臣   ヨハネス・ケアブル デンマーク社会民主党 1940年7月8日-1942年11月9日
先代:
第六次スタウニング
デンマークの内閣
1940-1942
次代:
スカヴィーニウス

参考文献編集

  1. ^ Regeringen Buhl I” (Danish). stm.dk. Statsministeriet. 2019年8月8日閲覧。