メインメニューを開く

第34軍(だいさんじゅうよんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つである。

第34軍
創設 1944年昭和19年)7月3日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 中支-朝鮮
編成地 湖北省 漢口
通称号/略称 呂武 → 展
上級単位 第6方面軍関東軍 
最終上級単位 関東軍
担当地域 湖北省咸鏡南道
最終位置 朝鮮 咸興
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

目次

沿革編集

大日本帝国陸軍
 
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

1944年(昭和19年)7月3日に武漢防衛軍を改編した軍である。編成後、同年8月26日に第6方面軍の戦闘序列に編入され、一貫して武漢要域の警備と防衛を担当した。

1945年(昭和20年)3月当時の老河口作戦では、一部兵力を湖北省方面から出撃させて、中国軍の牽制作戦を担当した。その後、同年6月18日に関東軍の戦闘序列に編入され、咸興へ移駐した。この転用に伴い、編成以来から使った「呂武」という通称号を「展」と変更した。以後、咸鏡南道一帯で対防衛体制の整備を行っていた。同年8月9日にソ連軍が侵攻を開始(ソ連対日参戦)したが、軍主力は交戦することなく終戦を迎えた。

軍概要編集

歴代司令官編集

歴代参謀長編集

最終司令部構成編集

  • 司令官:櫛淵鍹一中将
  • 参謀長:川目太郎少将
  • 高級参謀:扇広大佐
  • 高級副官:谷口貞一中佐      
  • 兵器部長:金子時之助大佐
  • 経理部長:新居邦八主計大佐
  • 軍医部長:樋口四郎軍医大佐
  • 獣医部長:阿部正一獣医中佐
  • 法務部長:身保正男法務少佐

最終所属部隊編集

  • 第59師団
  • 第137師団
  • 独立混成第133旅団     
  • 永興湾要塞司令部:多田勇夫大佐
    • 永興湾要塞砲兵隊:二田口牛雄少佐
    • 特設警備第462大隊:柴田欣一郎大尉
  • 牡丹江重砲兵連隊:纐纈哲三大佐
  • 独立野砲兵第11大隊:小川忠治少佐(旧第11軍所属)
  • 迫撃第15大隊:伊井伴造少佐(旧第20軍所属) 
  • 独立自動車第115大隊:古谷裕典大尉
  • 電信第56連隊:秋間喜一少佐
  • 特設建築勤務第107中隊 :浅野石雄中尉
  • 特設水上勤務第127中隊:田中文雄中尉
  • 第179兵站病院:中村進軍医大佐

参考文献編集

  • 『戦史叢書4  一号作戦(1) 河南の会戦』 防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1967年
  • 『戦史叢書16 一号作戦(2) 湖南の会戦』 防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1968年
  • 『戦史叢書30 一号作戦(3) 広西の会戦』 防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1969年
  • 『戦史叢書55 昭和十七・八年の支那派遣軍』  防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1972年
  • 『戦史叢書73 関東軍(2) 関特演・終戦時の対ソ戦』防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1974年
  • 『戦史叢書99 陸軍軍戦備』  防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1979年

関連項目編集