第5中足骨基部骨折

第5中足骨基部骨折(ジョーンズ骨折)第五中足骨基部中足部骨が折れた状態のことである[7]。この骨折により足の中心部分の外側に痛みを及ぼす[1]。また、痣ができたり歩行が困難になることもある[2]。発症は受傷直後から診られる[3]

ジョーンズ骨折
別称 第5中足骨基部骨折
Cropped version of Jonesfracture.jpg
Jones fracture as seen on Xray
診療科 Emergency medicine, orthopedics
症候学 Pain near the midportion of the foot on the outside, bruising[1][2]
通常の発症 Sudden[3]
継続期間 6-12 weeks to heal[4]
原因 Bending the foot inwards when the toes are pointed[5]
診断法 Based on symptoms, X-rays[2]
鑑別 Pseudo-Jones fracture, normal growth plate[2][6]
治療 Non-weight bearing, cast, surgery[4]

第5中足骨基部骨折は通常、足の指が伸びた状態または足のゆびが内側に曲がった状態の時に起こる[5][1]。踵が地面から浮いた状態で進行方向を変える動き、例えばダンス、テニス、バスケットボールなどのスポーツをしている時に起こりやすい[8][9]。診断は一般的に症状の診察とX線により確認される[2]

一般的な初期治療はギプスで固定し少なくとも6週間は固定した足で歩行しないことである[4]。初期の治療開始から完治しなかった場合はさらに6週間のギプスの装着が勧められる[4]。骨折した足への血流がよくない場合はギプスの装着では完治せず手術が必要になる場合がある[2]。スポーツ選手の場合または分離骨折の場合は早期の手術が勧められる[4][7]。第5中足骨基部骨折は1902年に整形外科医ロバート-ジョーンズがダンス中に受傷したことにより記述された[10][3]

出典編集

  1. ^ a b c Eltorai, Adam E. M.; Eberson, Craig P.; Daniels, Alan H. (2017) (英語). Orthopedic Surgery Clerkship: A Quick Reference Guide for Senior Medical Students. Springer. pp. 395–397. ISBN 9783319525679. オリジナルの2017-10-15時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Y2AwDwAAQBAJ&pg=PA395 
  2. ^ a b c d e f Toe and Forefoot Fractures”. OrthoInfo - AAOS (2016年6月). 2017年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月15日閲覧。
  3. ^ a b c Valderrabano, Victor; Easley, Mark (2017) (英語). Foot and Ankle Sports Orthopaedics. Springer. p. 430. ISBN 9783319157351. オリジナルの2017-10-15時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=uqsZDgAAQBAJ&pg=PA430 
  4. ^ a b c d e Bica, D; Sprouse, RA; Armen, J (1 February 2016). “Diagnosis and Management of Common Foot Fractures.”. American Family Physician 93 (3): 183–91. PMID 26926612. 
  5. ^ a b Dähnert, Wolfgang (2011) (英語). Radiology Review Manual. Lippincott Williams & Wilkins. p. 96. ISBN 9781609139438. オリジナルの2017-10-15時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=uYREa2bKNW8C&pg=PA96 
  6. ^ Conaghan, Philip G.; O'Connor, Philip; Isenberg, David A. (2010) (英語). Musculoskeletal Imaging. OUP Oxford. p. 231. ISBN 9780191575273. オリジナルの2017-10-15時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Si9oAgAAQBAJ&pg=PA231 
  7. ^ a b Joel A. DeLisa; Bruce M. Gans; Nicholas E. Walsh (2005). Physical Medicine and Rehabilitation: Principles and Practice. Lippincott Williams & Wilkins. pp. 881–. ISBN 978-0-7817-4130-9. オリジナルの2017-01-07時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=1sWk1GYCvKoC&pg=PA881 
  8. ^ Mattu, Amal; Chanmugam, Arjun S.; Swadron, Stuart P.; Tibbles, Carrie; Woolridge, Dale; Marcucci, Lisa (2012) (英語). Avoiding Common Errors in the Emergency Department. Lippincott Williams & Wilkins. p. 790. ISBN 9781451152852. オリジナルの2017-10-16時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Uu7BtlkzUSYC&pg=PA790 
  9. ^ Lee, Edward (2017) (英語). Pediatric Radiology: Practical Imaging Evaluation of Infants and Children. Lippincott Williams & Wilkins. p. Chapter 24. ISBN 9781496380272. オリジナルの2017-10-15時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=1f0wDwAAQBAJ&pg=PT4138 
  10. ^ Jones, Robert (Jun 1902). “I. Fracture of the Base of the Fifth Metatarsal Bone by Indirect Violence.”. Ann Surg 35 (6): 697–700. PMC: 1425723. PMID 17861128. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1425723/.