メインメニューを開く

箱船(はこぶね)とは、の一種で、その形状から分類される。すなわち、方形の形をした船をいう。箱舟方舟とも書かれる[1]

神話の箱船編集

箱船は、『旧約聖書』『創世記』に登場するノアの方舟が良く知られている。これは神ヤハウェが邪悪な人間を滅ぼすため起こした大洪水にあって、善良なる人であったノアとその一族だけを例外として救うため、ノアに命じて箱船を造らせた物語である。ノアたちはこの箱船に乗船して、大洪水による滅亡を逃れた。

一方、類似した話・伝承が他の文化圏の神話などでも伝わっている。ギリシア神話では、「青銅の時代」の人間が悪に堕したため、神ゼウスが大洪水を起こし、青銅の人間を滅ぼしたという神話のなかで登場する。プロメーテウスの息子デウカリオーンは、父より大洪水による滅亡の計画を教えられ、箱船を建造して、妻ピュラーと共に難を逃れたとされる。

箱船を意味する英語の「ark(アーク)」には、箱船以外に様々な意味や用法がある。一般に「方形」をしたものを指す。また、そこからの派生語などがある。ユダヤ教聖櫃契約の箱なども英語では、「Ark」と呼ばれる。これらはいずれも、方形の箱である。

箱船が現実の舟を意味しているとは限らない。箱船は「大洪水=滅び」において、洪水前の世界と洪水後の世界を橋渡しし、ごく一部の人間を救済する存在である。そのように、人類が滅びる危機的状況において、人類を救済する存在、即ち、「神」や「救世主」や「神殿=宗教組織」などを、「四角形=箱」で表している、もしくは、表すことができる、とも考えられる。

脚注編集

  1. ^ 『大辞林』第二版

関連項目編集