メインメニューを開く

範多 龍太郎(はんた りゅうたろう、1871年 - 1936年11月10日)は、日本の実業家造船技術者。日本の造船の近代化を開拓した。

人物編集

1871年、イギリス人実業家E・H・ハンターと平野愛子の間に生まれ、平野龍太郎として日本の戸籍に入る。龍太郎は神戸市で育ち、神戸一中神戸商業講習所を卒業後、ドイツのオーデルキルヘン中学に留学し、さらにスコットランドグラスゴー大学で造船工学と土木工学を修めて、明治26年(1893年)に帰国した。その直後、係累の途絶えていた範多才助なる戸籍を紹介され、同年12月31日付けで範多姓を継承して、範多龍太郎と改名した。平野姓を名乗っていた範三郎ら弟妹たちも範多姓に改められた。旧範多家は河内の元与力の家柄だった。その後、E・H・ハンター商会も合名会社範多商会と改称して、範多龍太郎が経営を引き継ぎ、明治28年(1895年)には大阪鉄工所の所主にも就任して、経営の近代化に取り掛かかる。大正5年(1916年)大阪保険社長[1]

脚注編集

関連項目編集


先代:
エドワード・ハズレット・ハンター
大阪鉄工所所主
1895年 - 1914年
次代:
山岡順太郎
先代:
右近権左衛門
大阪保険社長
1916年 - 1920年
次代:
多羅尾源三郎