築地病院

築地病院(つきじびょういん,Tsukiji Hospital)は、1875年(明治8年)5月22日に、東京府築地に開院した、キリスト教系の病院である。正式には健康社と呼ばれた。現在の聖路加国際病院の前身に当たる。

歴史編集

ロバート・デイヴィッドスン宣教師の日本語教師で後に日本基督教会の牧師として活躍した三浦徹の南小田原町3丁目の持ち家で開業し、翌年南小田原町4丁目に移転した。施療棟と入院棟を持ち、医学生の養成も行う、当時最新の西洋医学の病院であった。スコットランド一致長老教会海外伝道局は、開業にあたり600ポンドを出資した、キリスト教系の病院である。ミッションの宣教目的のために医療費は無料だったので、民間には大盛況で年間の来院者は14000人ほどになった。

スコットランド一致長老教会の医療宣教師ヘンリー・フォールズが医師として就任した。フォールズは外科医、眼科医として活躍した。フォールズはグラスゴー医科大学の防腐処理術やコレラの治療などを導入した。外国人薬剤師や日本人助手櫛部漸(東京公会会員)などを雇った。後に、櫛部漸は京橋区桶町で開業医になる。

フォールズは1886年に離日し、その後病院は次第に荒廃した。1902年米国聖公会ルドルフ・トイスラーが病院の建物を買い取り、新たな病院を設立した。それが聖路加国際病院である。したがって、本院は聖路加国際病院の前身ではあるが、直接のつながりは持っていない(聖路加国際病院はトイスラーが建物を買収した1902年を公式な設立年としている)。

その他編集

東京公会の長老で後に牧師になった奥野昌綱が入院中に、「やまいの床にも」と題する讃美歌を作った。それが後に讃美歌397番になった。

参考文献編集

  • 中島耕二、辻直人、大西晴樹『長老・改革教会来日宣教師事典』教文館、2003年